池袋 バーンカオケン 豚肉とタガヤサンのカレー

池袋北口の一部地域は池袋チャイナタウンとか池袋中華街などと呼ばれている。しかしそれは大げさではないだろうか?横浜中華街に通い慣れた感覚で言えば、この程度の規模で中華街などとは片腹痛い。せいぜい池袋チャイナブロックという程度だ。



池袋北口に安くてうまいタイ料理屋

そのチャイナブロックを抜け、もうちょっと北に行ったビルの一階に小さなタイ料理屋がある。

ここは偶然見つけたのだけれど、店の外に張り出されたメニューを見て驚いた。一品500円とか600円。都内のタイ料理店でこんなに安く料理を出す店はない。

ランチタイムのメニュー。クイティアオ=ライスヌードルが500円で、他は全て600円。

初めて行ったときに食べたのがこの牛すじ肉カレー。しっかり煮込んだ牛すじはやわらかく、非常にうまかったのでタイ料理を食べたくなったらここと決めた。

厨房に各種ゲーンや鶏肉のガパオ炒めなどが作り置きしてある。注文が入ったらこれを電子レンジで温めて出すらしい。こうして手間を省いて値段を安くしているのだろう。

ゲーンとはスープのこと。タイ料理の代名詞とも言えるトムヤムクンもゲーンの一種だし、日本でタイカレーと呼ばれているものも実はゲーンだ。

店内にはタイ人客も多く、タイ語が飛び交っている。

今回食べたのは豚肉とタガヤサンのカレー。料理を作っているタイ人のおばちゃんにタガヤサンとは何かと聞いたら要領を得ない答え。日本語自体それほど上手にできないようなのであきらめて、まずはどんなものか食べてみようと注文した。

この豆のようなものと葉っぱがタガヤサンらしい。食べてみると、少し苦みを感じる。だがいやな苦味ではないし、後にも残らない。豆っぽいものは緑豆に似た食感がある。豚肉も少量入っているものの、タガヤサンが主役のゲーンだ。

タイフェスに行くと、日本の米を使っている店が多くがっかりする。ところがこの店は、さすがに高いジャスミンライスではないもののタイ米を使っている。その点でも評価が高くなる。

この店の味付けは日本人にも合わせているのかピリ辛程度でさほど辛くはない。それでもタイ人客が多いのは、辛さ以外はタイ現地のものと同じだからか、それとも安いからか?

私は外国は中国と台湾の二カ国(こう書くと中国人が発狂するが、それをわかった上で書いている。常識的に考えて台湾は中国とは別の国だ)しか行ったことがないので、これが本場の味かどうなのかはわからない。ただ、うまいかどうかで言えばとてもうまい。

タガヤサンのゲーンは実は日本では貴重

帰宅後wikiで調べてみるとタガヤサンとはマメ科の樹木で、主に材木や燃料として利用されているようだ。

そしてこうあった。

東南アジアの一部の地方(特にタイとラオス)では、生または塩水に漬けた花と葉を食用にする。タガヤサンを用いた料理の代表的なものに、ゲーン・キー・レッ(แกงขี้เหล็ก gaeng-khi-lek)という汁物がある。

とすると、豆だと思っていたものは花のつぼみだろうか?

またこうもある。

タイの南部などでは、ほぼ日常食として飯屋の店頭に鍋に入って並ぶが、バンコクなどでは余り目にしない田舎料理である。

田舎料理とは失礼な表現で、郷土料理とするべきではなかろうか?それはそれとして、これは日本ではなかなか食べられない貴重な料理ではなかろうか?

そう思ってググって見ると、どうやら錦糸町のタイ料理店でも食べられるらしい。しかし、それ以外は出てこないので、やはり日本では貴重なのだと思う。

タイ料理弁当も

店外のショーケースには弁当がたくさん並べられていて、厨房でも作り続けていた。それだけ需要があるのだろう。もし店内が混んでいたら弁当を買ってもいいかもしれない。

バーンカオケンの場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク