自宅 業務スーパー 冷凍チャパティ

業務スーパーの冷凍食品コーナーを物色していたら、マレーシア製の冷凍チャパティを見つけた。自宅の冷凍庫に常備している台湾の蔥抓餅と同様、フライパンで焼くだけで作れるというので買ってみた。

パッケージに「インドのナンをアレンジして薄く食べやすくしたマレーシアの薄焼きパン」などと頭おかしいことが書いてある。これを考えたのは業務スーパーのスタッフだろうか?自社で売る商品がどんなものかちょっとは調べてみてはどうかと思う。

これを見て、ナンはインドのものでチャパティーはマレーシアのものだとか言い出すバカが派生する可能性もある。

ただ、製造はマレーシアなのでパッケージコピーの頭のおかしさはさておき内容的にはちゃんとしたものだろうと期待。



気軽にインド料理をつくれる

中身はこのように一枚一枚シートで挟まれている。

チャパティを食べるならとりあえずカレーは必要だろうと思ったので、まずカレーを作った。

まず玉ねぎのみじん切りを炒め。

すりおろしたにんにくとしょうがを投入。

てきとうに切ったトメィトゥを投入。

しばらく炒めたら火を止め、ターメリック、コリアンダー、クミン、クローブ、シナモン、カイエンペッパーを加える。

分量はてきとう。気分によって分量は変わるし、材料によっても変えるし、そもそもカレー作るのにスパイスの分量なんて量ったことはない。

鶏肉を加えて、火が通るまで炒める。

鶏肉にだいたい火が通ったら水を加え、塩とガラムマサラてきとう量を入れて軽く煮る。

できあがり。

市販のカレールーは無駄に甘い日本の米に合わせることを想定して無駄にしょっぱいし、作るのめんどくさいから使わない。

インドカレーのほうが簡単だしうまい。

次にチャパティを焼く。

冷凍されたままのチャパティをフライパンで焼くだけ。

裏返して焼いたらふくらんだ。

とりあえず2枚。

ちぎったチャパティで鶏肉をはさんで食べるとうまい。

2枚では足りなかったのでこの後また2枚追加で焼いた。

日本のインド料理店ではチャパティを出している店は少ないし、日本では全粒粉はお高いので、こういうので手軽に本格的っぽいインド料理を味わえるのはありがたい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク