上野 日本沙県食坊 扁肉+拌面

老酒舗で朝食を食べた後、時間を潰すために御徒町のスタバに入った。アラレちゃんのような丸メガネのかわいい女の子がスターバックスラテをいれてくれた。

スターバックスラテを注文するといつも思うのが、「ラテ」はイタリア語で牛乳のことであるから、これ「スターバックス牛乳」という意味になるなということだ。



上野に沙県小吃店ができておった

スタバでだらだら過ごしてから、目的地に向かおうと山手線の高架方面に向かい、ふと路地に目を向けると、

!?

沙県と書かれた看板が目に入った。

近寄ってみれば、確かに福建小吃の店らしい。

ということで、昼にわざわざ御徒町まで戻って入ってみた。

どさくさ紛れに魯肉飯が混ざっているのは死ねと思ったが、まあそれはさておき、高田馬場の沙县小吃よりメニューが充実している。

今日はひとまず扁肉つまりワンタンと、拌面のセットにしてみた。

しかし、ここらへんの中華の店でランチを食べるのと比べると960円はかなり割高だ。

ただ、扁肉はやたらいっぱい入っている。

拌面は当然よくたれと絡めてから食べる。

ピーナッツだれが濃厚で、たれと麺だけというシンプルさながら非常にうまい。

これは、コシがない柔らかい麺を使うからこそうまいもので、蘭州拉麺のようなコシがある麺をつかったら台無しだろう。

扁肉は、餡の味付けが絶妙。

昼飯としては割高ではあるが、味には満足できたのでまあたまにはいいか。

しれっと魯肉飯を混ぜているのは滅びろ。

日本沙県食坊の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク