上野恩賜公園 台湾フェスティバル

googleマップを見ると、噴水があって三ツ星カラーズのカラーズ基地があるほうが「上野恩賜公園」。そして道路を挟んで不忍池がある動物園外の方が「上野公園」となっている。

というどうでもいい情報はさておき、今日から上野恩賜公園で台湾フェスティバルが開催されているので行ってきた。



台湾フェスティバルはダメボッタクリイベントに成り下がった

まず最初に食べたのが「南投意麺」。

意麺は日本の稲庭うどんにも似た平たい麺で、台南のものが有名。台北でもわりとよく食べられている。

南投県というのは日月潭がある台湾中部の山地で、そこでも意麺が名物だというのは知らなかった。

南投意麺は初めて食べる。だから、これが南投県のものと同じなのか違うのかはわからない。

ただ、台北や台南で食べた意麺とは明らかに違うものだった。自分が知っている意麺はこんなに厚みはない。

味は可もなく不可もなくといったところ。台湾的な揚げエシャロットも入っておらず、肉は八角の香りもなく、日本人には食べやすいかもしれないが、台湾っぽさはあまり感じない。

次に食べたのが海山麻醬麵。

麻醬麵は麻醬、つまりゴマダレをかけた乾麺の一種で、台湾では珍しくもなく、台北の麺食館ではよく注文したメニューのうちの一つだ。

その麻醬麵に、海山醬を加えたものらしい。海山醬というのは蚵仔煎や、一部地方の肉圓などにかかっているちょっと甘いタレ。

麺はうどんのコシをなくしたような台湾ではよく見られる麺で、タレとよくからめてから食べる。

味は悪くはないし、台湾っぽさもある。ただ、麻醬麵としては麻醬がゆるくて薄い。台湾のものはもっとゴマゴマしている。

これで800円はちょっとボッタクリではないか。

次、控肉飯。

日本人が作っていたので、その時点でもう不安を感じる。

肉は五花肉ではなく日本式に皮をはいだバラ肉。

なぜか皮付きの五花肉のほうが高い日本では、安いバラ肉で作るのはしかたあるまい。その部分は許容範囲だ。

だが、味が薄い。

ちゃんと八角の香りはする。だが、ほんとうに味が薄い。

台湾では控肉飯はよく食べた。台湾でも、脂身が多い肉の店、赤身のほうが多い肉の店などいろいろあった。だが、共通しているのはそれぞれにうまいということだ。

これは味が薄くただまずい。

最後に肉圓。

肉圓は、でんぷん生地で具を包み、低温の油で温めて作る料理。

一時期『千と千尋の神隠し』の冒頭で、千尋のお父さんが食べていた料理だという噂が出たことがある。もちろんそんなことは嘘っぱちで、それを言い出したのは肉圓を食べたこともないやつだろう。

この肉圓、上述の海山醬の他、地方によって様々なタレをかけて食べる。だが、この肉圓にはタレがかかっていない。まさかタレなしの肉圓がこんなにまずいものだとは思わなかった。

ということで、今回の台湾フェスティバルは惨敗である。なまじ現地の本物の味を知っているだけに、本物との乖離によるガッカリ感はものすごい。

そして、値段が高い。

タイフェスなどは基本500円ベースだが、今回食べたものは、控肉飯、肉圓が600円、南投意麺が700円、海山麻醬麵が800円と高め設定になっている。

他に、長崎の角煮まんじゅうを台湾の割包だと偽って売る詐欺まがいの店もあったりして、全体的にクオリティが低いイベントに成り下がっていた。もう来年からは行くつもりはない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク