池袋 凡記西安肉夹馍 西红柿鸡蛋面

麺食いてえってなったわけだが、およそ日本の中華麺ほどまずい麺はないと思っているので、となると選択肢は蘭州拉麺か刀削麺ということになってしまうのが日本がいかに麺文化後進国かって証明になるのではないかと思う。いや、はなまるうどんでもいいんだが。はなまるうどんのうどんはうまいと思う。

他には河南烩面という選択肢もなくはない。

とりあえず、まだ入ったことがない蘭州拉麺の火焔山に行ってみると満席であった。さりとて萨菲まで行くのはなんとなく面倒くさい。ということでちょっとうろついて凡記にたどり着いたので入った。



羊骨スープの西红柿鸡蛋面とか初めて食べたよ

もう麺は捨てて肉夹馍でもいいかなと思ったが、それだけだと足りないだろうし、凉皮も加えるとなると割高である。

季節はもう秋とはいえ、まだクソ暑いのに羊を食うのはバカだろうと思うので、羊肉泡馍は選択肢にはなし。

なんかないのかとメニューをめくっていると西红柿鸡蛋面があった。

日本で一部のアホが広めた刀削麺が西安料理だなどという大嘘を信じる一部のアホに迎合しているのかどうかは知らんが、なぜかこの店にも刀削麺がある。

西安には刀削麺の店などほとんどなかったから、刀削麺の西红柿鸡蛋面は食ったことはない。

刀削麺+西红柿炒鸡蛋の組み合わせを初めて食べたのは東新宿の本来の刀削麺の故郷である山西料理店・山西亭だった。だがこれは乾麺だった。

池袋から新宿まで明治通りを通って歩くということをたまにするので、西早稲田と東新宿の間ぐらいに山西料理の店があるのは知っていた。ただ、...

しかし、刀削麺でもまあ中華麺より100倍ぐらいはましであろうということで注文した。

西安で西红柿鸡蛋面といえば湯麺だ。スープの色がまさに西安で食べていた西红柿鸡蛋面そのものだ。

香菜が乗っていないのはマイナスポイント。

麺は細めに削ってある感じ。

一口すすると、ちょっと茹ですぎかなというぐらいの柔らかさだった。麺類にコシがないと発狂するコシ原理主義者は行かないほうがいい。

スープをすすると、トマトとタマゴが醸し出す味わいよりも、ダシの味がガツンとくる。非常にうまい。

ちょっと香ばしさがあるようなうまみの塊のようなスープで、明らかに鶏ガラベースではない。

思いつく味といえば羊骨スープだ。しかし、池袋の他の店で出している羊骨スープのような腥味がない。

ここで羊肉泡馍を食べたときも腥味は感じなかった。ただ、それは香辛料で巧みに消しているものと思っていた。ところがこのスープには羊肉泡馍のような香辛料の味はない。

ということは、腥味を出さず、しかし羊骨のうまみだけを引き出す技があるということではなかろうか。

羊骨スープの西红柿鸡蛋面など初めてだ。ダシがうますぎていささかトマトとタマゴが隠れている感はあるものの、全体的にはとにかくうまい。

辣椒酱を加えるとさらにうまい。

まさか西红柿鸡蛋面に羊骨スープを使ってくるとは思わず、想定外のうまさを味わえたので結果的によかった。

『本草綱目』の羊の項には、羊の脊骨には補腎、脛骨には濕熱牙疼や筋骨攣痛に効果があると書いてあるから、まあ肉を食わなければ暑い時に食ってもそれほど問題はあるまいと思う。

凡記西安肉夹馍の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク