新宿 BADSHAH ダルバート

歌舞伎町の大久保公園のはす向かいにネパール料理店があるのに気づいたのは激辛グルメ祭りに行ったときだった。

最初に目についたのはモンゴル家庭料理のほうで、その隣にある看板にはインド料理っぽい写真とすべての食べ物¥500としか表示されていないが、モモやチョウメンらしきものもあるのでかろうじてネパール料理屋だとわかる。

今日は新宿に行ったついでにこの店に寄ってみた。最近はもう、新宿と言えばネパール料理という認識になりつつある。



またうまいネパール料理屋をみつけてしまった

店は2階にあり、この階段をのぼっていくらしい。バブルのころに作られたような雰囲気を感じる。

昔は飲み屋が入っていたのだろう。場所柄歌舞伎町のヤクザのボッタクリバーでもあったかもしれない。

怪しげな廊下の一番奥がBADSHAH。

入ってみると狭いバーであった。

先客は自分の他にはネパール人男性が一人。

ランチメニュー。

昔はボッタクリバーだったかもしれない跡地で、今はネパール人がワンコインランチを売っている。

500円の「ネパールカナ」を注文。マトンとチキンを選べるのでマトンを選択。明日はもう秋分で、気温もだいぶ低くなってきているからそろそろ羊も解禁だ。

khanaというのはネパール語、あるいは同系統言語のヒンディー語で食事とか食べ物を意味するらしい。つまりは「ネパールのお食事」というメニューだ。

ダルバートはまさしくネパール飯を代表するものだろう。

ダルカレー、マトンカレー、生野菜、トマトアチャール、サグ、タルカリに大量のご飯。

カレーはなんか高級感を醸し出す器に入れられてきた。500円だけど。

まずダルカレーは豆の味がしっかりしている。口に入れると時折炒めたフェンネルをかむことがあり、香りと風味が広がっていいアクセントになる。

先日行った新大久保駅前のほうの「モモ」のダルカレーのほうが味は上とは思うが、しかしその差はごくわずかでこちらもうまい。

マトンカレーには、マトンといいつつ山羊肉っぽい肉が入っているのは百人町のベトガトと同じ。ただ、味はベトガトよりさらにうまい。なにがどううまいかはよくわからんが、とにかくうまい。

サグには味がついていないので、飯に乗っけてそこにカレーをかけて食べるとちょうどよい。

タルカリにはオクラが使われている。オクラ入りのタルカリは初めて。オクラのねばりとスパイスの味が意外とよく合っていてうまい。タルカリはサグとは違いしっかり味がついているのでこれだけでもおかずになる。

先客のネパール人はご飯をおかわりしていた。自分もおかわりがいるか聞かれたが、1合ほどはあろうというご飯で満足だったのでお断りした。しかし、おなかに余裕があればおかわりしてもっと堪能したかったところなので、次はもっとおなかをすかせて行こう。

マトンカレー以外は新宿の他のネパール料理屋の中で標準レベルだと思う。しかしマトンカレーが、今まで食べた中で3番目ぐらいにうまいと思っていたベトガトの味を上回ってきたのでかなり高評価。わざわざ百人町まで行かなくていいというのも地味にポイントが高い。

Badshah Resturant and Bar Kabukicho Shinjuku Tokyo
ジャンル:インド料理
アクセス:西武新宿線西武新宿駅北口 徒歩2分
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-41-3 Reo Kotobuki Biru 2A(地図
周辺のお店のネット予約:
新宿 BAR CREAMのコース一覧
新宿個室割烹 志摩 新宿西口店のコース一覧
和食バル×完全個室 八兵衛 新宿本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新宿×インド料理
情報掲載日:2019年9月22日

BADSHAHの場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク