池袋 知音食堂 酸辣粉

池袋北口の知音食堂は狭い路地にある店だが駅から近いせいもあってかわりと有名らしい。

自分はこのブログを始める前、池袋に通いだしたころに一度行って鱼香肉丝を食べたことがある。鱼香肉丝というのは辛いけれど無駄に甘いというのが特徴ではあるが、この店の鱼香肉丝は甘さが変にしつこく、言うほどうまくないなと思ってその後行っていなかった。

今日は陽光城にほしいものを買いに行く用事があり、じゃあついでに久しぶりに入ってみっかと思って入店した。



酸辣粉はそこそこうまかった

入店してからランチメニューがないのに気づき、聞いてみると土曜日はランチサービスはやっていないという。

しかしまあ、席についてからランチやってないからと出ていくのも悪いと思ったのでグランドメニューをパラパラ。

こういうときは一品料理だと高く付くので、主食系を単品で頼めばいいのだ。

ということで、重慶小吃の酸辣粉があったので注文。ついでにその横に書いてあった水餃も注文。

酸辣粉は重慶名物。名前のまんま酸っぱくて辛い粉丝だ。

これまで食べたことがある酸辣粉はうどんぐらいの太くて丸い粉丝だった。この店の粉丝は太くて平たいやつだった。

スープはコクがあってうまい。わずかに花椒の麻がある。ただ、酸味も辛味もかなり穏やか。台北の四川系移民の店で食べた酸辣粉は、酸味はともかく辛さはこんなものではなかった。やはり日本人向けにデチューンしているようだ。ただ、デチューンしてあっても味のベースは守っているのでそこそこうまい。

ただ、なぜ香菜を乗せていないのか。

粉丝は食べごたえがある。デチューンしているだけあって食べやすさはあるので、どんどん食べ進めていける。

たまにピーナッツをかじるとアクセントになっていい。

水餃は酸辣粉を半分以上食べたぐらいで来た。

時間がかかっていたのでもしや手作りかと期待したが、そこらの中華食材店で売っている冷凍のやつだった。しかしまあ、冷凍水餃は皮が自分好みに厚めでうまいからまあいいか。

添えられてきた酢につけてもうまいし、酸辣粉のスープにひたしてたべてもうまい。

冷凍水餃は業務用だから量が多すぎるというのが難点で、だからこれまで買わずにいたけれどやはり今度買ってみようと思う。

店は土曜の昼だというのにガラガラ。そして客は日本人だけだった。やっぱり味を日本人に合わせすぎたために中国人にそっぽを向かれるという憂き目にあっているのだろうか?

正直なところ酸辣粉は神保町の川府のほうがうまいし、川府より台北でたべたほうがうまい。

このレベルだと評判がいいという麻婆豆腐の味も期待できないかなと思う。とはいえそれは実際食べてみるまではわからない。

知音食堂
知音食堂
ジャンル:中華・四川料理を堪能
アクセス:JR池袋駅 西口・北口 徒歩1分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-24-1(地図
ネット予約:知音食堂のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×中華料理
情報掲載日:2019年10月5日

知音食堂の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク