自宅 辣子鸡

左がタイ産の名も知らぬ唐辛子。右が四川産の朝天辣椒と袋には書いてあったけど多分違うやつ。

四川産の何年前に買ったのかも忘れた唐辛子が台所の棚の奥から発掘された。これどうしたものかと思い、そうだ辣子鸡作ろうと思った。



辣子鸡はめんどくさいけど簡単だった

まず例によってyoutubeで適当な作り方の動画を何本か見ておく。

中国では骨付き肉を使うけど今回はストックしてある鶏むね肉。

そもそも骨付き肉をぶった切れるようなごつい包丁は持っていないからこれでいいのだ。

適当に切った胸肉に、塩、胡椒、おろししょうがを揉み込み、さらに片栗粉も揉み込んで放置。

その間唐辛子をハサミで細かく切っていく。これがめんどくさい。

鶏肉を揚げる。

最初は低めで揚げてから次に高温で揚げる二度揚げ。これ10年前ぐらいだったかNHKで紹介されてたけど、もともと中華料理にあった技法をパクっただけなんだろうなと思う。

花椒、ネギ、にんにく、生姜を弱火で炒める。

ネギがしんなりするぐらいになると香りが立ってくる。

唐辛子を投入。この時点でふと辣子鸡ってこんなに種入ってたっけと思うがもう遅い。

唐辛子全体に油が回ったあたりで鶏肉を投入。

塩を加えて大雑把に炒める。

そしてゴマをふりかけたらできあがり。

辣子鸡ってこんなに唐辛子の種にまみれてたっけと思ったがもう遅い。

辛さは見た目ほどではなくピリ辛程度。

初めて作ったがそこそこうまくできた。youtubeは偉大である。

唐辛子を切る工程がめんどくさいだけで、作り方だけは簡単。要するに鶏の唐揚げを唐辛子まみれにすればいいだけだ。

ところで辣子鸡を食べるといつも余った唐辛子がもったいないと思っていた。

店で食べたのをもらってくるというわけにはいかんが、自分で作って自分で食べたなら残った唐辛子の再利用も問題ない。

食べ残しというか残った唐辛子を老干吗の油制辣椒のようなものができればいいと弱めの油で煮る感じで温める。一度炒めたからか粉状じゃないからかあんまり赤くならない。しかし味見してみるとしっかり辛い。

瓶にうつして保存。冷めてからあらためて食べたら残り物で作ったわりにはわりとうまかった。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク