池袋 水雲天 生菜蛋炒饭

節約モードである。といってもまだフェーズ1で、フェーズ2になるとはなまるうどんになるし、3になると外食はしない。

池袋では平日なら中華でもタイ料理でも安ランチを食べられる店はいくつかあるが日曜となるとそうもいかない。

ということで行ったのが、蘭州拉麺の火焔山の上の階にある水雲天。日曜日にも500円ランチの看板が出ていることは知っていた。

ただ、ランチメニューにろくなものがないのでこれまではスルーしていて、入るのは今日が初めて。



意外な拾い物だった

午後2時頃。火焔山を覗くと8割ぐらいの客の入りで賑わっていた。

その上の階なのに客は自分以外なし。

こりゃあ失敗したかなと不安になる。

とりあえず日替わりのレタスチャーハンを注文。

来るまでの間グランドメニューを眺めてみると、ここらへんにある満州系の店の一つのようだった。つまりは珍しくもない東北料理まじりの四川料理の店。

500円ランチなのに一応チャーハン単品ではなく定食になっている。レタスチャーハンに適当なタレかけた生レタスをつける投げやりさがかえっていい感じ。

そもそも外で炒飯を頼むことはほとんどない。なんでかっていうと、北京でとてつもなくうまい炒飯を食ってからというものどこで食っても満足できないからだ。

ところで、日本には炒飯と焼き飯の違いとして、タマゴを使っているのが炒飯で、使ってないのが焼き飯だとかいうおまえ頭大丈夫かって言いたくなるようなことを言い張っているやつがいる。

しかし、中国ではタマゴを使った炒飯は蛋炒饭と呼ぶ。もちろんタマゴを使わない炒飯もあり、米飯を炒めたものはみんな炒飯である。タマゴを使ってなかったら炒飯ではないなどという知能を疑うようなことを言う中国人はいない。

閑話休題、普段頼まない炒飯を頼んだのは、今日は節約モードで500円ランチはレタスチャーハンともやしタン麺しかなく、タン麺はどうせ日本の中華麺を使っているだろうからと思ったからだ。

で、これが大正解であった。

味付けはうま味調味料味。しかし、米粒がしっかりパラパラで、レタスはしんなりしていないのに生ではなく、しゃきっとした歯ごたえを残しながらちゃんと火が通っている。

なかなかの炒め技術をもった厨師が作っているらしい。

ただ安く昼飯を食べることだけが目的だったので、これは嬉しい誤算。北京で食べた人生最高の炒飯にはまったく及びはしないとはいっても、500円で食べられるレベルではない。

炒飯をこれだけうまく作れるのなら、他の炒め系の料理もうまいに違いない。

とりあえず炒飯を食べたくなったらこの店にしとけばよさそうだ。

本場中華×貸切カラオケ 水雲天飯店 池袋店
本場中華×貸切カラオケ 水雲天飯店 池袋店
ジャンル:中華完全個室ダイニング
アクセス:地下鉄丸ノ内線池袋駅20a出口 徒歩5分
JR池袋駅北口 徒歩4分
住所:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-7 2F(地図
周辺のお店のネット予約:
すし 椿 池袋西口店のコース一覧
完全個室×ラグジュアリー空間 MIRAGEのコース一覧
日本料理 あづま 白山総本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×中華料理
情報掲載日:2019年10月20日

水雲天の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク