上野 何鮮菇 羊杂汤

朝晩がめっきり寒くなってそろそろ羊の季節である。っていうか今日の昼時は暑いぐらいの日差しだったんだけど。

前回きのこ麺を食って生煮え人参が入っていたりしてこれ素人の仕事だろ!とちょっとイラッとさせられた上野の何鮮菇。

ダジャレかよ! この店名を見るといつも思う。そして、なんでこんな日本人にわかりにくい店名にしたのかと思っていた。 ...

500円ランチに羊スープがあるのは知っていた。

羊のスープは素人のバイトではなく中国人の料理人が作るはずとの期待を込めて、あと昼飯安くあげたかったので再訪した。



何鮮菇の500円ランチは小羊湯一択

キンドルで注文するシステム。

500円の小羊湯を注文。

メニュー画像では丼だけれど、メニュー画像なんてものはあてにならないものだし、500円だから蕎麦屋の丼ぐらいのサイズでもまあいいかと思って待っていると、ラーメン丼ぐらいのサイズの器にたっぷり注がれて運ばれてきたので驚いた。これで「ミニ羊湯」とは言えない。これでミニってじゃあレギュラーサイズだとどんだけになるんだよと。

そして、500円だからほとんどスープだけでもまあいいかと思っていたら、かなりたっぷり具が入っている。

どうやら羊の内臓らしい。つまり羊杂汤だこれ。

スープはわずかに羊のくさみがあるものの、それほどきつくはなく上手にだしが取られていると思う。

内臓類も柔らかく煮えていてうまい。

これはきのこ麺とは大違いで、予想通りちゃんとプロの料理人が仕事をしている。

できればここに馍を加えて羊肉泡馍にして食べたいぐらいだ。

最初は内臓をおかずに飯を食べていたが思い直し、まずスープと内臓だけを食べ進めた。

ある程度減ったところで残しておいた飯を投入。

なかなかいい感じの羊肉汤泡饭になった。

量的にも十分お腹を満たせる。

野菜がない?そんなことは気にするな!

500円なのを考慮しても評価は低くせざるを得なかったきのこ麺と比べ、これはとても500円で食べられるレベルのものではなく超コスパランチと言っていい。

もうこの店羊スープだけ出しておけばいいんじゃないかな。

何鮮菇の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク