宜蘭 大成羊排麵‧牛肉麵 羊排原汁乾麵

11月26日に台湾北東部の都市宜蘭に行った。

昼時に、せっかくなら台北では食べられないものをと思いうろうろしていて駅の近くで見つけたのがこの店。



自分史上トップレベルの羊料理

牛肉麺は台北のどこででも食べられるので、羊排麵を食べてみようと店に入った。

メニューを見ると、羊排麵の他に羊排原汁乾麵というのがある。湯麺より乾麺のほうが好きな自分としてはそちらを選ぶしかない。

羊排原汁乾麵。羊排、つまり羊のリブロースがごろごろと乗っている。

羊排は、骨を引っ張るとするっと抜けるほどしっかり煮込まれており、しかし羊のうまみはしっかりと残っていてその上くさみもない。

これほどうまい羊の料理はなかなかない。池袋のマルハバのマトンカレーだってここまでじゃない。

この羊排に匹敵する料理といえば、自分が食べた中では中国の羊肉泡馍ぐらいしか思いつかない。

麺は厚みがある太麺。これをたれとよく混ぜて食べると食べごたえがあり、台湾で食べた麺類の中でも上位に入るうまさ。

たれは、トマト、豆板醤に13種類の生薬を加えて羊を煮込んだものだという。

しかし、例えば同じく羊を生薬とともに煮込んだ藥燉羊肉と比べて薬っぽさはなく、徹底して煮込まれているせいかうまみだけが残りトマトっぽさはない。

自分がこれまで食べたことがある全ての羊料理の中で最上位に入るうまさであり、これを食べるためだけにまた宜蘭に行ってもいいくらいだ。

たまたま通った道でたまたま見つけた店がこれだけの大当たりだったのは幸運だったとしか言いようがない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク