湯島 サイアム食堂 ゲーンマッサマン

たまにタイ料理食いたいなとなるときがあって、今日がそうだった。

上野界隈で自分が知っているタイ料理店といえば、アメ横のガード下のうまいけどちょっとお高い店と、マルイの近くのちょっとお高い店と、湯島の風俗街の近くにある店と、そしてこの湯島天神の坂を下りきった交差点にあるサイアム食堂ぐらいのものだろうか?

この交差点はしょっちゅう通るのでサイアム食堂の存在はずいぶん前から知っていた。しかし、なぜだかずっと入る気になれなかった。

別にオカルト的なことではなく、ただの気分の問題だ。

でまあ、今日はタイ料理気分だし、入ったことがないのだからと初訪問してみることにした。



味の割には値段は高い

店に入ると日本人店員に迎えられたので、おっとしまったと思ったものの入ってしまったらしかたがない。

日本人が作る中華料理という名の中華風日本料理がごとき、タイ風日本料理が出てこないのを祈るばかりだ。

客席は2階にあるようで、急な木の階段を登っていく。

ランチメニュー。

カオソーイにも心惹かれたが、米を食べたい気分だったのでゲーンマッサマンにした。

接客担当の女の子が、態度や言葉づかいが悪いというわけではないのだけれど、全体的に「わたしつかれましたもう…」という雰囲気を醸し出している。ブラックな勤務環境で過労になっているのではないかと心配になる。

大盛り無料と書いてあったから大盛りを頼んだが大盛りには見えない。あるいはゲーンのほうが大盛りなのか?

汁物に汁物が付いてくる謎。

とはいえ松屋のカレーに味噌汁が付いてくるよりはずっとましと言えよう。

松屋でカレーを食うときには最初に味噌汁はいらないと言うことにしている。

見た目は「君ちょっと写真と違うんじゃない?」という感じ。

鶏肉とじゃがいも、ニンジン、ピーナッツが入っている。

味は可もなく不可もなくといったレベルで、このレベルの味なら池袋でもうちょっと安く食べられる。

ゲーンに比してご飯が少ないので、最後はゲーンだけすすることになってしまった。

帰ってきてから調べたら、この店は日本人の店主がタイ人の料理人をつれてきて開いたようだ。日本人が作っていないというだけでマシではあるけれど、オーナーが日本人だと日本人に合わせてデチューンしてしまうからダメだ。

なんとなく入る気にならなかった自分の直感を信じるべきだったと思う。

サイアム食堂
サイアム食堂
ジャンル:タイ料理
アクセス:地下鉄千代田線湯島駅 徒歩1分
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3-34-9(地図
ネット予約:サイアム食堂のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 湯島×タイ料理
情報掲載日:2019年12月18日

サイアム食堂の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク