自宅 カルディコーヒーファーム バジルチリチキン

もうちょっと外食の割合を増やしてみようかなと思っていた矢先、緊急事態宣言が発令されるという事態に至ってしまったわけだ。

まあ罰則はないので行こうと思えば行けるのだけれど、この状況では自粛すべきであろうと思うので、5月までは外食はおあずけである。

政府は日本で苦労している外国人の飲食店にもちゃんと補償をしてやれ。

ということで昨日の晩ごはん。

カルディコーヒーファームで売ってたパッガパオガイのレトルトパック。



ガパオがたっぷりで香りがよい

インドカレーのシリーズとは異なり、タイで作られたものをカルディの輸入部門オーバーシーズが輸入したもの。

パウチ。

パウチの画像をわざわざ撮る意味について。

パウチをあっためてる間に目玉焼きを焼く。

タイ式に白身のまわりがカリカリになるまで両面焼き。

ご飯はタイ米。

パウチをあけてみると、鶏肉よりたけのこのほうが多いけど、たけのこ好きなのでむしろ歓迎である。

見るからにガパオがたっぷり使われていて、口に入れるとガパオの香りが広がってうまさを倍増させる。タイ米との相性も抜群。

辛さがそれほどではないのは、日本人向けに調節されているからだろうか?

パッガパオに関しては、生ガパオが手に入りにくい日本で食べるより、大量にガパオを使えるタイで作られたもののほうがよりガパオみがあっていいかも。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク