自宅 陳麻婆豆腐

陳麻婆豆腐といえば成都でも元祖麻婆豆腐を名乗る店なのだけれど、基本麻婆豆腐は麻婆豆腐の素なんていう無駄なものを使わずに作ることにしているから、この商品の存在は前から知ってたがずっとスルーしていた。

今回買ったのは単にネタのためでしかない。でもまあ、使ってうまかったならリピート購入もありえる。



自分で作ったほうがうまい

このひと箱で500円ぐらいするのでボッタクリかよと思っていたら、3袋入りなので3食分とすればむしろ安め。

作り方。一部従って一部無視する。

辛さは大辛。

中身は調味液3袋と花椒粉も3袋。

まず、豆腐の分量は守ることにして、400gのを1パック使う。一人でこれ全部食べるのはどうよと思いはしたものの、1袋分を分けて使うというわけにもいかないのでしかたない。

あと、箱には木綿豆腐と書いてあるが絹豆腐。

まずいきなり書いてある作り方を無視して、塩を加えた水で豆腐を茹でる。

原材料名を見たらにんにくと生姜が入っていなかったので、まずにんにくと生姜をすりおろして香りが出るまで炒める。

肉はないので肉なし。

水50mLと調味液を加えてよく溶かし、そこに豆腐を投入してしばらく煮る。

水溶き片栗粉を加えて勾芡して、器にうつしてから花椒粉とネギちらしてできあがり。

味はまあまずくはないけれど、これなら自分で作ったほうがうまい。あと、これよりこの前食べた中村屋のレトルトパックのほうがより中国的な味になっていてうまい。

そもそも麻婆豆腐の素なるものは存在する必要がないと思っている。材料は豆腐とにんにくとしょうがと豆板醤と豆鼓と唐辛子と醤油と砂糖と鶏ガ...

次もし買うなら断然中村屋のほうだな。

辛さは確かに辛いけれどひいひい言うほどの辛さではなく、まあそこそこの味ではあるので結局全部食べてしまった。

さて問題はあと2袋で、これ作って作るなら使わず作っても手間はさほど変わらないし、もっとうまいものを作れるから、麻婆豆腐にして食う気にはなれない。なので、なにかアレンジをひねり出そうかなとも思っている。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク