自宅 麻辣拌面(陳麻婆豆腐調料アレンジ)

先日初めて使ってみた陳麻婆豆腐調料。成都からの輸入品というわりには、中村屋のレトルト麻婆豆腐より現地みは少なかった。まずくはないけれど特筆するようなうまさでもないという微妙なでき。

ただ、アレンジ次第ではうまくできるはずとは感じていたのでアレンジしてみた。



麻婆豆腐にするよりうまかった

一箱に3セット入っている調料と花椒粉を利用。

調料はあらかじめ40mLほどの水に溶いておく。

小麦粉練って伸ばして切って麺にしておく。

日本で売っているどんな麺も合いそうにないから、自分で打つしかないのだ。

調料に足りない味を補うために、にんにく、しょうが、長ネギのみじん切り、豆鼓、クミンシードを弱火で炒める。

香りが立ってきたら豚ひき肉を加えて、砂糖と醤油を加えて炒める。

豚ひき肉にだいたい火が通ったら調料を加えて少し煮る。

このとき同時進行で麺も茹でている。

茹で上がった麺に肉だれをかけ、花椒粉をふりかけて、先にゆでておいたもやしを添えてできあがり。

これをしっかり混ぜてから食べる。

どうもこの調料は麻婆豆腐にするより麻辣麺のたれにしたほうが合っているのではないかと思う。

麺との相性がよく、なかなかのうまさ。

クミンシードを使ったのはなかなかいい判断だった。口に入れたときにクミンの香りが広がってよりうまく、より中国っぽくなる。

逆になくてもよかったかなと思ったのが豚肉。同じ作り方で豚肉なしにしてもじゅうぶんうまかったのではないかと思う。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク