池袋 逸品火鍋四季海岸 鱼香肉丝

今日も昼過ぎにさて今日はどこで昼飯を食おうかと池袋北口を徘徊。ふと目にとまった看板にランチが648円からと書いてある。このへんだとランチ定食は780円ぐらいからという店が多いのでこれは安い。安かろう悪かろうということも考えられるが、池袋北口の中華の店なら少なくともまずいということはあるまいと入ってみた。

昼のピークタイムをはずしたためか、雑居ビルの四階という入りにくさのためか、客の入りは3割程度。聞こえてくるのはやはり中国語のみだった。

入り口にあったメニューの写真だとホイコーローがわりとまともな回鍋肉っぽかったので頼もうと思っていたのだが、改めてメニューの写真を見るとキャベツが入ったホイコーローのようだったのでやめた。

ホイコーローと回鍋肉はまったく違う料理だ。ホイコーローというキャベツと豚肉を炒めた中華風日本料理などは食う気にならない。

他に麺類。

そして一人火鍋セットがあった。

一人火鍋にもひかれるところはあったものの、今日の腹具合からすると重すぎるように思ったので、無難なところで鱼香肉丝を選んだ。

ご飯とスープはセルフではなくよそって持ってきてくれる。ご飯が昭和マンガに出てくるようなてんこ盛りでちょっと吹いた。

四川料理の付け合せにキムチをもってくる発想はすごい。悪い意味で。

他にサラダと煮玉子は店のすみから自分で持っていくらしい。ただ、煮玉子は置いてなかった。

鱼香肉丝はなかなかの大盛り具合。池袋の中国人の店は分量のサービス具合がすごい。

一口食べて懐かしさを覚えた。今まで何箇所かで食べた鱼香肉丝の中でも、西安で食べていたものに近い。

肉は下味をつけて油通しをするという手間をかけてあり、そして肝腎の「鱼香」がちゃんとある。

辛さとともに無駄な甘さがあるのも鱼香肉丝ならでは。

ただ、定食のメインとしては鱼香肉丝はくどい。

これだけ食べ続けるとだんだん甘さが重くなってくる。中国では何品か頼むうちの一品としか食べたことがなかったから気づいていなかった。やはり数人でシェアするほうが合っているのではないかと思う。

最後のほうはちょっと飽きながらも全部食べた。

杏仁豆腐を食べるころになると、中国人しかいなかった店内に日本人が続けて入ってきた。日本人は入り口で立ち止まって店員の案内を待つからすぐわかる。

値段が安いのとシネマ・ロサ前の開けたところに看板があって目に付きやすいということもあって、入ってくる日本人もいるのだろう。この店の店員はちゃんと日本語がわかるようだ。

前の席の中国人のところに、大きな羊肉串を5本ほどのせた皿が運ばれてきてちょっと心がうごいたが、だいぶお腹がいっぱいになっていたので断念。羊肉串は回族の店で食べればいい。

次はもうちょっとお腹に余裕があったら一人火鍋を食べたい。

あと代金は648円+消費税で699円だった。味と量を考えると安すぎるぐらいだ。

個室中華 逸品火鍋 四季海岸 池袋店
個室中華 逸品火鍋 四季海岸 池袋店
ジャンル:池袋火鍋中華宴会大人数
アクセス:JR池袋駅 徒歩1分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-36-8 ロマンスビル4F(地図
ネット予約:個室中華 逸品火鍋 四季海岸 池袋店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×火鍋
情報掲載日:2019年1月20日



逸品火鍋四季海岸の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク