自宅 鶏肉とにんにくの芽のグリーンカレーペースト炒め

このまえ塩田屋に行ったとき、野菜のおつとめ品コーナーをのぞいたらにんにくの芽があった。

見てみると、5本ぐらい束になっているうちの一本だけはじっこがしなびている程度。それでもう買わなくなるバカがいるおかげで安く野菜が手に入るのだからありがたい話だ。

ということでにんにくの芽でなんか作ることにした。

タイではにんにくの芽はなんと呼んで、どんな料理にするんじゃろ?と思って調べてみると、そもそもタイでは中国で言う蒜苗は食べてもにんにくの芽はあまり食べないようだ。

ていうか、芽っていうなら蒜苗のほうがよっぽど芽なのになんでこれが芽なのかと思って調べてみると、日本でにんにくの芽と言われているものは正しくはにんにくの花芽なのだそうだ。



なんかとてもうまい料理ができあがってしまった

とまあ、タイではあまり食べないらしいにんにくの芽だけれど、タイ料理っぽい感じで料理することにした。

なんでかっていうと、RealThaiのグリーンカレーペーストがまだいっぱい残っているので。

まずはにんにくとしょうがのみじん切りを炒める。

香りが立ってきたらグリーンカレーペーストを投入。

にんにくの芽ににんにくの味が重なってどうこうとか気にすんな!

鶏むね肉を適当に切ったやつを投入。グリーンカレーペーストと絡めながら炒める。

鶏肉にだいたい火が通ったら、にんにくの芽と玉ねぎを投入して炒める。

だいたいなんとなく火が通ったあたりで、砂糖とナンプラーで味を足して混ぜ合わせたらできあがり。

タイ米に添えてタイっぽい感じにしてみた。

今回はグリーンカレーペーストだけ使ったらどうなるかと思ってココナッツミルクは入れていない。

ココナッツミルクを使わないと、ゲーンキョワーンの味の半分はココナッツミルクでできていることがわかった。

ペーストだけだと辛さがはっきりして、鶏肉と非常に相性がいい。

それに、にんにくの芽の甘さが引き立つ感じでとてもうまい。

グリーンカレーペーストを使っているおかげか、タイ米ともよく合って、思いつきで作ったけれどかなりうまい料理に仕上がってくれた。

それもこれもRealThaiのグリーンカレーペーストがうまいおかげだと思う。

まあ同じ材料で醤油かオイスターソース味にしてもそれなりにうまいとは思うんだが。

今回のことでグリーンカレーペーストが炒めものの調味料としても優秀なことがわかったので、これからもいろいろ適当に料理を開発していこうと思う。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク