成増 タイ料理セーンタイ カオ・マン・ガイ

成増にはたまに立ち寄る。駅前に小ぢんまりした庶民的な商店街があり、狭いながらも賑わっている街だという印象がある。ただ、その商店街に並んでいるのは日高屋や松屋などチェーン店ばかりで、食事をするという点では何の面白みもない。

ところが今日、細い路地にちょっと入るとタイ料理店があったので入ってみた。



ちょい辛いカオマンガイ

ランチメニュー。

池袋のようにタイ人が通う店というわけでもなさそうなので、日本人に知られているような一般的な料理のみ並べてあるという感じだ。

ということでカオマンガイのスープ、サラダ、デザートが付くセットを注文した。

カオマンガイは日本人向けで本物志向ではない店でもまずまずいというこはない。そういう意味では無難中の無難なメニューだと思う。

水はアルミカップにいれてくれる。こういうチープな小道具でそれっぽい雰囲気の演出をしてくれるのはちょっとうれしい。

待ったのは2分~3分程度だったろうか?ほとんど待たされなかった。

米はちゃんとジャスミンライスで、カオマンガイ用に鶏のスープで炊いているようだ。

カオマンガイは鶏自体の茹で加減もさることながら、店の個性が出るのはたれの味ではないだろうか?

カオマンガイというと日本ではタイ料理の中でも辛くない料理として知られている。しかしタイでは辛いたれのものもあるという。

この店のたれは唐辛子が刻んで混ぜ込んであり、ピリ辛程度の辛さがある。中華ほどの頻度ではタイ料理は食べないので、これまで食べてきたカオマンガイの数もそんなには多くない。その乏しいカオマンガイ経験の中では、たれが辛いのはこの店が初めてだ。

たれのベースは味噌に似たタイの大豆発酵調味料タオチオで、そこにわずかな辛味が加わり非常にうまい。このたれだけでもジャスミンライスにかけて食べたいというほどうまい。

スープはわかめが入っていて、業務用のわかめスープでも使っているのかと思いきや、鶏だしにナンプラーで味付けがしてあって、これも思わぬうまさだった。

これは他の料理の味も期待できそうだ。

基本都内のタイ料理店にハズレ無しだとは思うが、ノーチェックだった成増でレベルの高い店に店に出会えたのはうれしい誤算。

SANG‐THAI
ジャンル:タイ料理
アクセス:東武東上線成増駅南口 徒歩2分
住所:〒175-0094 東京都板橋区成増2-15-10 2F(地図
周辺のお店のネット予約:
旨唐揚げと居酒メシ ミライザカ 十条北口店のコース一覧
SHINMIJO‐シンミジョウ‐ 赤羽店のコース一覧
肉焼亭 うしのすけのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 成増×タイ料理
情報掲載日:2019年1月25日

タイ料理セーンタイの場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク