自宅 青椒炒鸡丁

冷蔵庫の中に鶏むね肉とピーマンと、おつとめ品だったちょっとしなびたパプリカ。

これでなにを作ろうかと思ってYoutubeを見ていていい感じのメニューがあったのでパクった。

以下は四川の料理人・王刚先生のレシピを一部パクって自分なりにアレンジしたもの。

元ネタで使っている青椒は、本当の青唐辛子だが、それをピーマンにかえて作った。



たまには醤油味も悪くない

まず鶏むね肉を丁にして、塩、醤油、片栗粉とからめておく。今タマゴがないので卵白コーティングはなし。

鶏肉を油通し。

ピーマンとパプリカも油通し。

にんにく、しょうが、唐辛子を弱火で炒める。

鶏肉と野菜を戻して、老抽、醤油、蚝油、砂糖、胡椒で味付けし、長ネギを加えて軽く炒めたら出来上がり。

コンビニ的な名称にするなら「三種の醤香る鶏むね肉とピーマンのピリ辛炒め」。こう、いちいち具体的に説明するような名称にしないとアホが買わないのだろうか?最近のコンビニ弁当にはこういう無駄に長い名前のものが多い。ラノベのタイトルかよ。

醤油ばかりが立つ味付けはあまり好きではないので、普段は醤油を使ってもほんの少々だけれど、今回はうっかり多めに入れて醤油味が強くなってしまった。

しかしまあ、醤油が強いと飯も進むので、たまには醤油味も悪くない。

日本だと四川料理を作るにしてもタイ料理を作るにしても生の唐辛子が手軽には手に入らないのが難点なので、もう自分で育てるしかないだろうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク