自宅 焢肉飯

昨日食べたやつだけど、Youtube見ててすっかり忘れてたやつ。

セブンイレブンの見た目以外はまったく台湾っぽさを感じない「台湾風角煮丼」には非常にがっかりさせられるとともに、激しくちゃんとした魯肉飯を食いたいという気持ちになったので五花肉を買ってきた。皮をはいだばら肉よりもグラム単価が高いけれど、皮がついた五花肉でなければちゃんとした魯肉飯にはならないのだ。

しかし、いざ買ってきて細切れにするのめんどくせってなったので、焢肉飯を作ることにした。



肉さえあれば煮るだけでできるからかんたん

まずゆでた五花肉を切り分ける。

切り分けた五花肉と、ついでに厚揚げを、醤油、砂糖、塩、八角、それに魯包を加えて煮る。

魯包というのは各種生薬、スパイスが配合されたやつでこれは迪化街で買った。

こういう布の袋に入っている。

煮るとキッチンが一気に台湾のコンビニのような香りで満たされる。

その香りでタマゴも必要だねと思って、ゆで卵を作って鍋に加えた。

煮汁が半分になるぐらいまで煮詰め、ご飯に焢肉、厚揚げ、滷蛋と、炒めたキャベツを乗せてできあがり。自分で作ったから贅沢に肉を二枚乗せられる。

八角だけでなく魯包から出た香りは複雑でより台湾っぽくなってうまい。八角の香り程度で発狂するやつには絶対食べられないと思う。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク