自宅 金針菇魚香雞肉絲

今日は台湾のクックパッド的なレシピ投稿サイトからのパクリ。

パクリ元→下飯好菜 金針菇魚香肉絲

金針菇はエノキダケのこと。ちょうどエノキダケがあるので作ってみることにした。

ただし、豚肉がないので鶏肉で代用。



甘さに妥協してはいけない

パクリといってもパクったのはエノキダケを使って魚香肉絲を作るというアイディアの部分で、作り方自体はわりと自己流になっている。

まず鶏むね肉を絲にして、醤油、油、胡椒、片栗粉を揉み込んでおく。

次に合わせ調味料作り。

にんにく、しょうが、ねぎのみじん切り。ねぎは安い時に買ってきて、みじん切りにして冷凍しておいたやつ。

そこに、醤油、砂糖、酢を加える。今回は香醋と穀物酢の2種類を使用。

魚香雞絲といえば無駄な甘さが特徴なので砂糖は多めにしてある。

まず豆板醤を弱火でじっくり炒めて香りを出す。

香りが立ってきたら鶏肉を投入。

鶏肉がだいたい炒まったらエノキダケを投入。

エノキダケがふにゃっとしたら合わせ調味料を加えて軽く煮立たせればできあがり。

まず、砂糖は多く入れたつもりだったが甘さは控えめになってしまった。ここらへん妥協すると日本的な薄ぼんやりした味になるので反省。もっとバカジャネーノというレベルの甘さがないと本物感がない。

エノキダケはこの味付けにけっこう合う。エノキダケの食べ方としてはなかなかだし、肉なしで作ってもうまいのではないかと思う。

ただ、魚香雞絲として考えた場合は、エノキダケである必要はないなという感じ。やっぱりたけのこのほうが数段うまい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク