池袋 楽楽屋 豆浆+油条+葱油饼

中国人が開いている池袋の24時間営業の店で中国式の朝食が食べられるらしいという情報を見たので、朝7時前ぐらいに池袋北口に行ってみた。

羊肉串で有名な楽楽屋の前に行くとたしかに朝食の看板が出ていたので入ってみた。

店内には中国人の若い子らのグループが2組。

ピータン粥にもひかれたが、ここはまず定番ということで豆浆と油条。油条は2つから。写真だと油条が小さいサイズに見えたので、葱油饼も追加。



池袋で定番朝食

まず温かい豆浆が来た。

飲んでみると無糖。台湾の濃厚な豆漿を飲み慣れた舌からするとちょっと薄め。とはいえ豆浆特有のクセもなくある意味飲みやすい。

無糖でもそこそこの味だからまあいいかと思っていたら後から砂糖が来た。

やはり甘みが加わったほうがうまい。

だいぶ待たされて葱油饼が来た。

中国の葱油饼は焼くというよりは揚げ焼きにするので、油っぽい反面表面がパリッとして香ばしさがある。200円にしてはかなりうまい。

それに油条。時間がかかったのは作り置きではなく注文を受けてから揚げてくれたかららしい。

ただ、いわゆる油条に比べて太い。そして写真のイメージに反してでかい。

揚げたてで表面はさくっとしている。

しかし普通の油条と違い中がパンのようになっている。

アメ横の天天楽の油条もこんな感じだった。

どちらも東北系の店なので、満州のほうの油条はこんな感じなのだろう。

やはり中が空洞でカリッとしている普通の油条のほうが好きだ。

留学時代の友達に画像を送ったらたいそう受けて、そして羨ましがられた。

朝ごはんとしては散財だったが、こういう朝食は久しぶりだったのでよしとしよう。

食べ終わって会計をしていると、レジの横の冷蔵庫に目が行った。

そこにはキッコーマンの無調整豆乳のパックが!

なるほど、日本製か…どうりで薄かったわけだ…

次は豆乳はやめて粥を食おう…

楽楽屋 池袋1号店
楽楽屋 池袋1号店
ジャンル:夜景円卓個室有本格中華
アクセス:地下鉄丸ノ内線池袋駅 徒歩2分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-29-6 大野ビル2F(地図
姉妹店:楽楽屋 池袋2号店宴会×食べ飲み放題 楽楽屋 新橋駅前3号店
ネット予約:楽楽屋 池袋1号店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×中華料理
情報掲載日:2019年1月31日

楽楽屋 池袋1号店の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク