高田馬場 沙县小吃 拌面

久しぶりに高田馬場の沙县小吃に行ったら店先に高田馬場店限定ということで卤肉饭はじめました的なポスターが貼られていてイラッとした。

台湾人の多数を占める河洛人は確かに福建からの移民と平地原住民との子孫であり、文化的には福建文化をうけついできている。しかし魯肉飯は福建のものが台湾に伝わったのではなく、台湾で独自に生まれたものだ。

沙县小吃は福建省で生まれた企業で、福建の食文化を提供しているのが売りである。だが卤肉饭は福建の食文化ではない。これは台湾の食文化の剽窃であろう。

あとついでに付け加えておくと魯も卤も変わりはない。台湾でも滷肉飯という表記をする場合がある。



沙县小吃が妥協し始めた

食券を買って席につくと、メニューが増えていた。

卤肉饭の他に牛腩饭も加わっている。牛腩饭は広東料理だ。

他に唐揚げ定食のようなものまでできていた。

これは確実に日本人向けにシフトしてきているということだ。そこらへんの日本人なら福建小吃の店に卤肉饭があろうが牛腩饭があろうが唐揚げ定食があろうが気にしないだろう。

なるほど中国から渡ってきた中国人が日本で飲食店を開くと、こういう小さい妥協を繰り返していって日本人向けの店になっていくのか。その過程を目にしているようだ。

それは日本で商売するという観点からすれば正しいことだろう。だがそうやって日本人向けの店になったらバーミヤンとたいして変わらなくなる。そうなったら自分にとっては行く価値を失う。

福州拌面初めて食べた

とまあ、沙县小吃高田馬場店の終わりの始まりみたいなことはさておき、今回は拌面を注文した。

こちらはまだ日本人向けに無駄なカスタマイズをしていない純粋な福州拌面だ。

拌というのは搅拌、混ぜるという意味であるから、麺とその下に敷かれたたれをしっかりまぜてからめる。

たれは花生醤=ピーナッツペーストがベースになっている。

日本人はこういう中華麺以外の小麦の麺を見るとうどんみたいだとか言い出すが、中国に中華麺のごときものはない。香港には中華麺に似たものがあるとは聞くが、香港には行ったことがないから知らん。

ピーナッツが濃厚でうまい。カウンターに置いてある沙县辣椒を混ぜたらよりうまくなった。

こういう沙县小吃本来のメニューと、日本人を釣るために加えられたメニューの棲み分けがされているうちはまだ大丈夫だろう。

沙县小吃本来のメニューまで日本人向けの味付けになってしまったらもうダメだ。

沙县小吃の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク