神田 四川一貫 螞蟻上樹っぽい何か

たまには失敗することもあるよねという話。

淡路町の駅からちょっと路地に入ってうろうろ飯屋を探していると「四川一貫」という看板を発見。なんてメッセージ性が強い店名なんだと近づいてみた。

すると、ランチに螞蟻上樹定食があるという。

螞蟻上樹といえば四川の家常菜だ。これがランチのメニューになっている店はめったにないし、これをランチにもってくるということは看板に偽りなく本物の四川料理の店に違いない。そう思って入ってみた。



特に一貫してはいなかった

しかしテーブルに置かれたメニューをみて驚愕した。

担々麺以外四川料理といえる料理がない。まったく四川一貫ではない。麻婆麺なんてものは四川料理ではなく中華風日本料理だ。

ところが横のテーブルの人に運ばれてきた担々麺を見たら、四川の担々麺ではなく日本では担々麺だということになっている汁麺だった。

つまりこのメニューの中に四川料理は一つもない。

でも四川料理を選べばちゃんと四川の味になるはずだ。

螞蟻上樹を麻婆春雨などという頭おかしい名称にしていないのも四川料理人のプライドを感じる。

そう言い聞かせて螞蟻上樹定食を注文した。

螞蟻上樹は見た目的には確かに螞蟻上樹っぽい。

螞蟻上樹は直訳すれば蟻の木登り。別に蟻を使っているわけではなく、はるさめにからむひき肉がまるで木に蟻がたかっているようなのでそういう名称になったという。

で、食べてみた。

日本式の中華料理と本物の中華料理の違いは何かというと、まず香り。そしてスパイス。

ランチタイムの客は大部分近所のオフィスの会社員のようだった。だから、気づかいとしてニンニクをつかっていないのはしかたないと思う。

ただ、本来螞蟻上樹は泡椒つまり発酵唐辛子と豆板醤で辛味をつけるものだ。

ところがこれには泡椒どころか豆板醤すら使われていない。

辛味はラー油でつけてあるようだ。中国の辣油ではない、固形成分がほとんど入っていない、油にうっすら赤い色がついた薄く辛い日本のラー油だ。

相席になった人が頼んだマーボー豆腐をちら見したら、豆腐がひき肉にまみれた日本式だった。

この店は四川料理の皮を被ったいわゆる「昔ながらの中華食堂」だ。

会計をすると春節の引き出物ということでタオルをいただいた。タオルを包んだのし紙には「おかげさまで40周年」と書いてある。中華料理の店としては老舗だ。

40年の歴史の中で日本人に受け入れられる味をつくって来られたのだろう。店内はかなり混雑していて常連らしき人もいた。

この店はきっとおいしい店として地域で評判で、それで40年も商売が続いてきたのだと思う。

本格的な味を求めていない99%の日本人には、この店の味のほうが正解なのだ。

問題があるのはそういう店に入ってしまったこちら側だ。

ただ一つ言いたいこともある。

四川一貫などという店名で、しかも四の中に巴を入れ込む凝ったフォントで、螞蟻上樹をメニューとして出しているなら誰でも本物の四川料理の店だと勘違いしてしまうだろう。

せめて「来々軒」とか「ホームラン亭」のような店名にしておいてくれれば、こちらは近寄らなかったのだ。

こんなことなら神保町まで歩いて川国志のガチな麻婆豆腐を食べるんだったとも思ったが、たまにはこういう失敗があってもいいのかもしれない。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク