台湾料理の紹介が極端に少ない理由

このブログでは中華料理店の紹介が極端に多い。それは中国留学によって本場ものを知った後、日本でもできるだけ本場ものを味わいたいとあちこち食べ歩いているからだ。

だが、実のところ一番好きなのはどこの料理かと言われれば台湾料理だ。

台湾には歴史上王も貴族もいなかった。それゆえ宮廷料理のたぐいはない。現在台湾にある高級料理店は、戦後に中国人によってもたらされたものだ。

台湾は伝統的に農業や漁業社会であり、庶民のための庶民料理が発達した。そうした台湾料理には派手さはないがしみじみとおいしいものが多い。



台湾料理は中国料理ではない

ネットには中華料理を扱うブログは多い。自分のように中国に留学したり駐在員として行ったりしたあとに本場ものを求めて池袋あたりを食べ歩いている人もいれば、日本式「汁あり」担々麺など食べて本場の味とか騒いでいるわけのわからんものもある。

味の評価など人それぞれだから、自分がまずいと思っているものをうまいと言っていてもいいしその逆でもいい。それは自分の感じ方だから自由だ。

だが一つだけ許せないものがある。それは、台湾料理を中国料理、中華料理の一つとして扱っているものだ。

確かに台湾料理と言われるものの多くは、ルーツが中国にあるものだ。特に台湾のいわゆる河洛人は福建からの移民であるから、福建の食文化が強い。

とはいえ、それらは台湾で台湾料理として独自進化してきた。

台湾の汁物はかつおだしが多い。これはおそらく日本時代に日本料理の影響を受けたものだと推定される。

戦後、中国から国民党敗残兵が台湾へ押し寄せ、それとともに中国各地の料理ももたらされた。それらも台湾で独自の発展をしている。

例えば蔥油餅などは中国では油が多めの揚げ焼きにする。ところが台湾では鉄板で焼いて作る。中国式だと外側が揚がってカリカリしている。台湾式だとさっくりと軽い味わいだ。

戦後に台湾に渡った中国の料理、小吃すら台湾化している。ましてや数百年まえに渡った福建人がもたらし、その間独自に変化していった料理はどれだけ変化しているか?

また、魯肉飯や擔仔麵など台湾で生まれた小吃も多数ある。原住民の伝統料理もある。

そもそも台湾は中国の領土ではない。常識的に考えて、台湾料理は中国料理、中華料理ではない。

台湾料理が中華料理なら、マレーシア・シンガポールの肉骨茶や海南鶏飯なども中華料理ということになってしまうではないか。

日本にうまい台湾料理店がない

中華料理よりも台湾料理が好きだ。

だから、横浜や都内の台湾料理の店にも行ったりはしたし、台湾フェスなどのイベントにも行く。

イベントだとわりあい台湾の味に近いものも味わえるが、店舗だとそうはいかない。

日本にある台湾料理の店は、純粋に台湾料理だけを出しているところはほとんどない。ないことはないが、そういう店でも日本人向けの味にしてしまっている。台湾料理と看板を出して置きながら中華料理しかない店は論外だ。

何軒か回って台湾とかわらないおいしさだと思ったのはわずか1店だけだった。ただそこは横浜なのでめったに行けない。

思えば中華料理もそれと似たような状況だった。どこに行っても満足できる味の店はほとんどないという状況が続き、池袋のチャイナエリアみたいなのができてやっと本場ものが食べられるようになってきた。

商売として日本人に合わせた味になってしまうのは仕方がない。というよりそうしなければ商売が成り立たないだろう。ただ、本当に台湾料理が好きな故に、日本人向けに劣化させた味には耐え難く、だから自ずと日本にある台湾料理店からは足が遠のいている。

池袋やアメ横の中国人の店、大久保のネパール人の店など、現地の人に支えられる商売ができれば、日本人向けの味にしなくてよくなる。

しかし、台湾人は絶対数が少ないため、日本で中国人のような勢力になることは難しいと思う。

となれば、まともな台湾料理はやはり台湾に行って食べるしかない。

ということで、今後もこのブログではめったなことでは台湾料理を紹介することはないだろう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク