池袋 香格里拉 酸菜魚

今日は出かける予定がなかったが、急に駅まで行く用事ができ、ならばとついでに池袋まで。ということで行き当たりばったりの店探しだ。

北口のドン・キホーテの裏にある阿麗婭清真美食で羊でも食うかと思って行ってみたところ、土曜日のせいかランチの看板が出ていなかった。そしてふと横を見ると、その上の階にある香格里拉のランチメニュー立て看板が目に入り、酸菜魚とあるのが目に入った。

そういえばこれは食べたことがないなと思い、酸菜魚目当てで同じビルの4階にある香格里拉に入った。

香格里拉とはシャングリラの音写である。

店内に入ると半個室のようなボックス席と、広間のテーブル席が並んでいる。同じ池袋の座・麻婆唐府とも似たような作りで、つまりは潰れた高級バーの跡地に居抜きで入った感じだろうか?



すっぱうまい魚の煮込み

ランチメニュー。

ライスやサラダなどがセルフで食べ放題の、ここらへんの中国人の店では多いランチスタイル。

もちろん迷わず酸菜魚を注文した。

料理を待つ間、ご飯などをよそっておく。

座・麻婆唐府と同じような黄色い粒が入っている。座・麻婆唐府はうすぐらくてよくわからなかったが、よく見たらこの黄色いのは粟やキビなどではなくとうもろこしらしい。

ここらへんの店は四川料理をメインにしていてもやっているのは満州出身者だったりするから、満州の風習であろうか?

自分的には凉拌土豆丝が食べ放題というのはポイントが非常に高い。

土豆丝は中国で食べて衝撃を受けた料理の一つだ。じゃがいもをシャキシャキ食感で食べるというのはそれまでの認識の中になかった。しかもそれがとてもうまい。

西安では土豆丝といえばだいたい酸辣土豆丝で、帰国後は試行錯誤を重ねて作れるようになった。

ただ、土豆丝はそもそもじゃがいもを千切りにするのがクソめんどくさいのだ。

日本で土豆丝と名の付く料理を出していても、実際にはおまえこれ土豆丝じゃなく土豆条だろっていう太く切られたじゃがいも炒めだったりするのは、切るのがめんどくさいからだろう。素材を切るのをめんどうくさがってよく料理人を名乗れたものだとも思うが。

ちなみに“土豆条”を出すのはだいたい日本人がやってる店だ。

この店ではじゃがいもを千切りにする手間を厭わず、味もよく、しかも食べ放題と来ている。それだけでもうリピート決定である。

なぜか一つだけ煎饺が出された。

これがなかなかのうまさだった。

そしてなぜか注文していない料理が2品運ばれてきた。これわしが注文したものとちゃうねんと中国語で訴えると、無事本来の注文主のもとへ運ばれて行った。

こういう店では最初から日本語は使わないので、はたして店員がどれだけ日本語能力を持っているか不明である。自分が注文していない料理が運ばれてきたら違うと説明する程度の初級中国語能力ぐらいは持っていないと、思わぬハプニングにみまわれることになるかもしれない。

そんなこんなで、今度はちゃんと注文した酸菜魚が運ばれてきた。片手鍋ごと。

メニューの写真を見直して見ると、確かにそのままだった。

普通に考えれば3人ぐらいでシェアするぐらいの量がある。

ちなみに背後に見えるモルツのジョッキの中身はお茶。注文すれば酒も飲めるのかもしれないが、自分は完全に下戸である。

例えばこの量のカレーを作った場合、多分3食か4食分になると思う。

白い部分が白身魚とえのき茸。深緑なのが酸菜。他に粉丝などが入っている。

大きな白身魚の切り身がたっぷり入っている。

四川ではソウギョなどを使うというが、これは海の魚だろう。

淡白な白身魚と、酸菜の酸味が非常に合う。この料理自体は初めて食べるのに、なんとなく食べたことがある気がして記憶をたどると、以前京都の友人にもらったすぐきの味に似ているのだと思い至った。

ちょっと強めの乳酸発酵による酸味が似ているのだろう。

ピリ辛程度の辛味もついている。いくら辛いものが好きだとは言っても、この量で四川レベルの辛さにされたらさすがにつらかったと思う。

とにかく酸味とうまみのバランスが異常によく、ガツガツ食べ進んでしまった。

スープも後を引く味なので、ついつい飲んでしまう。

酸菜のうまさがわかる もうとめられない今が全て
羽が生えたような酸味をずっと求めてた

である。

香格里拉showwer

である。

うますぎて一気に食べすすめ、鍋の2/3は食べてしまった。

食べ放題コーナーにあった葱油饼は冷えていてあまりうまくなかった。

味付けタマゴのほうは普通の味。

食後に食べようと思っていた杏仁豆腐が食べつくされていた。といっても、明らかに業務用の市販品だったし、次のが来るまで待つほど食べたかったわけでもないので会計した。

次このビルに来たら2階に行くか4階に行くか迷ってしまう。贅沢な悩みで困ったものだ。

中華ダイニング香格里拉
ジャンル:中華料理
アクセス:東京メトロ丸ノ内線池袋駅20a口 徒歩3分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-43-3 日精ビル4F(地図
周辺のお店のネット予約:
ミートハウス 炉区 <ロック> 池袋西口店のコース一覧
磯丸水産 池袋サンシャイン通り店のコース一覧
カラオケ パセラ 池袋本店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×中華料理
情報掲載日:2019年2月23日

香格里拉の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク