池袋 新珍味 ターローメン+水餃子

台湾独立運動の大物、史明先生の半生を描いた『100歳の台湾人革命家・史明 自伝 理想はいつだって煌めいて、敗北はどこか懐かしい』を読了したので、史明先生が開いた池袋の新珍味へ行ってきた。

この店は現在ではただの中華料理屋であるが、史明先生亡命中は、独立運動の基地として機能していた店でもある。



総統府資政施朝暉

現在、台湾の総統府資政として蔡英文総統の精神的支柱ともなっている施朝暉氏は、台湾独立運動家「史明」として知られる。

日本時代の台湾に生まれ、早稲田大学に入ってマルクス思想に染まり、中共のスパイやゲリラとして活躍するものの、中共の腐敗を知って逃亡。

戦後蒋介石によって占領された台湾に戻り、台湾独立のために蒋介石暗殺を企てるものの、事が露見したため日本に亡命。

そして、中国からの引揚者をターゲットにして「珍味」という餃子の店を開業。

後に現在の池袋北口の一角に土地を買い、新珍味を開業している。

新珍味は、史明先生が早稲田大学時代から交流を持っていた武者小路実篤や、そこからの紹介で開高健などが常連だったという。

そして、このビルの上階では台湾人が集まった勉強会が開かれており、この店の収入は台湾独立運動の資金としても使われていたそうだ。

台湾独立とは?

知能が低いネトウヨが、台湾独立を中華人民共和国からの独立だと思っていることがある。

しかし、台湾は今現在中華人民共和国の領土ではない。だから中華人民共和国から独立する必要はない。

では何を持って台湾独立とするか?

それは、現在台湾を実効支配している中華民国からの独立、そして台湾国としての建国である。

史明先生が行っていた台湾独立運動は、純粋に台湾人による台湾国建国運動であって、蒋介石暗殺もそのために計画された。

ターローメンと水餃子

台湾人革命家が台湾独立の資金集めのために開いた店ではあるが、出しているのは史明先生が北京で中共の工作員だったころに覚えた料理が中心になっているようなので、カテゴリー分けは中国にしている。

これはあくまでこの新珍味という店のジャンルが北京料理であるという意味であり、史明先生を中国人扱いしているわけでも、台湾を中国扱いしているわけでもない。

このへん、ちゃんと理解していないバカと意図的に曲解するバカがいるので明記しておく。

現在北口に乱立する中華料理屋の草分け的存在が、台湾独立運動のために作られた店だというのはなかなか痛快ではある。

とまあ、それはそれとして、この店の名物料理であるターローメンを注文。

メニューには北京大滷麺とある。しかし、百度で調べると打卤面となっている。大も打も4声と3声の違いはあるが発音は同じなのでまあどっちでもいいだろう。

要するに、麺にあんかけをかけた料理だ。

ただ、『100歳の台湾人革命家・史明 自伝 理想はいつだって煌めいて、敗北はどこか懐かしい』にはこうある。

北京風の薄皮餃子のほか、厚切りチャーシューとキャベツを載せた山東大滷麺やモヤシ炒め、砂肝炒めなどを提供し

~中略~

「本場の味だ!」と伝え聞いた人たちが列をなした。

今日食べた大滷麺とは少し様子が違うので、時代の変遷とともに変わって現在の姿になったのだろう。

麺は中華麺。

あんかけのほうはニンニクがっつり効いていて、唐辛子も入ってピリ辛という感じ。

このニンニクの効き方は、先にニンニクを炒めているのではなく、スープを入れた後にすりおろしニンニクを加えてから片栗粉であんかけにしたのだと思われる。

北京なり山東省なりで打卤面を食べたことがないので、これが本当に本場の味かどうかはわからない。

とはいえニンニクの使い方は日本的ではないと思う。

味はまあ、フツー。基本中華麺だと評価は低くなる。中華麺を使っているにもかかわらず高評価をつけられるのは、ここのすぐ近くの大沪邨で食べた葱油面ぐらいのものだ。

そもそも餃子の店として作られたと読んだので、水餃子も注文した。というか、水餃子も注文するつもりだったので、ターローメンは「半ターローメン」にした。

こちらは確かに薄皮。

北京には3度しか行ったことがなく、そのうち水餃を食べたのは1度しかない。そのとき食べた水餃はこんなに餡が透けるほど薄皮だったろうかと思い返すと、そうでもなかった気がする。

しかし、百度で「北京 水饺」で画像検索すると、確かに薄皮のものが多いようだ。

アメ横の馬さん餃子酒場の水餃もこんな感じで餡が透けていたから、これは中国の東北側の水餃の特徴なのだろう。

これは確かにまずくはないが、やはり自分の好みから言えば西安式の皮が厚い水餃のほうが好きだ。

新珍味
ジャンル:中華料理
アクセス:東京メトロ丸ノ内線池袋駅12番口 徒歩1分
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-23-4(地図
周辺のお店のネット予約:
狗不理 西武池袋本店のコース一覧
北海道シントク町 塚田農場 池袋メトロポリタン口店のコース一覧
笑う門には福来る 巣鴨店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×中華料理
情報掲載日:2019年2月24日

新珍味の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク