池袋 サイゴンレストラン フォー・ボー

池袋の東口で用事を済ませ、北口側に抜けようと雑司が谷隧道に向かう途中、ふと雑居ビルに目を向けるとサイゴンレストランとあった。

ビルの入口にランチメニューの看板などはなく、一瞬迷ったものの、ベトナム料理ならばフォーぐらいはあるだろうし、フォーならそれほど高く取られまいと入ってみた。



全部生春巻き付きで困る

入ってみるとランチメニューが用意されており、ランチはフォーが中心らしい。

ところが、全てのメニューに生春巻き付きと書いてある。

ベトナムにはいろんな種類のゴイクンがあるようだが、日本ではたいていエビが入っている。

エビはアレルギーなので食べられないからちょっと困る。

ランチタイムだと作り置きという可能性もあり、それほど激しくゴイクン好きというわけでもないから、ゴイクンだけ断ればいいと判断。

注文はフォー・ボーに決めたが、注文をとりにきたベトナム人らしき女の子に、エビが食べられないから生春巻きはいらないと告げる。

すると、エビなしでもできるということなのでそれでお願いした。

ドリンクはセルフでつぐようになっている。

ベトナムの蓮茶を飲みながら待った。

わざわざエビなしで、しかも飾り切りしたニンジンをいれて作ってくれた。非常に柔軟な対応がありがたい。

こういう飲食店では、日本人の「お・も・て・な・し」などより、アジア系のほうがホスピタリティーが優れていると感じる。

ゴイクンはともすればライスペーパーの戻しが足りずに固かったりするが、これは固くもなく、戻しすぎてもおらずにちょうどよい歯ごたえでうまかった。

そしてフォー・ボー。

ンゴーリーもしくはザウムイ、刻んだ唐辛子、レモンが添えられてきた。

ホーチミンのほうではンゴーリーと呼ぶらしい。サイゴンレストランならンゴーリーと呼ぶのが正しいか。

フォー・ボーのスープはちょっと薄く感じる。

途中からンゴーリーと唐辛子を投入。

食べ進むとスープが苦く感じるようになった。どうも生の紫玉ねぎの苦味がスープに移ったのではないかと思う。

味自体はよいだけに、そこはちょっと不満。

西米のデザート。さすがに西米はベトナム語でなんと言うのかは知らん。芋が入っていて素朴でうまい。

多分この店はかなりレベルが高いのだと思うけれど、生玉ねぎの苦味だけはどうにかしてほしかった。

サイゴンレストラン
サイゴンレストラン
ジャンル:ベトナム料理
アクセス:JR池袋駅 徒歩3分
住所:〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-7-10 鳥駒第一ビル3F(地図
ネット予約:サイゴンレストランのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 池袋×ベトナム料理
情報掲載日:2019年3月4日

サイゴンレストランの場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク