上野 老酒舗 砂锅牛筋

アメ横センタービルの地下に買い物に行ったら、冷凍の茴香水饺が売られていたので、池袋の四季香で食べた茴香馅水饺が実は冷食だった疑惑が急浮上。今度買って確認してみるつもり。

先週初めて行った老酒舗を再訪。昼時なのにガラガラなのは、この店の実力がまだ知られていないせいなのか、それとも酒場として夜のほうが賑わっているのか。

まあ夜混んで昼すいてるならこちらとしてはありがたい。



絶妙に煮られた牛すじ

今日注文したのはランチメニューの中の砂锅牛筋。

西安にいたころも砂锅はよく食べた。砂锅というのは日本語で言えば土鍋。ただし一人用のこぶりな土鍋が一般的だ。

西安で砂锅というととくに種類はなく、学校の寮の食堂でも外でも、だいたい似たような具が入っていた。ただ、寮の食堂のは安い分クオリティも低かったので、言葉ができるようになってからは学校の門の外にある砂锅屋に食べに行くことが多かった。

この店はランチメニューに入っている砂锅料理は一種類だが、グランドメニューには他に4種類がある。

砂锅の保温力のおかげで、サーブされたときにはまだぐつぐつ言っていた。

中身は牛すじ、大根、玉ねぎ、トメィトゥ。

牛すじと大根は下煮がしてあり、玉ねぎとトマトは後から加えたようだ。

牛すじが硬くなく、しかし煮すぎてもおらず、絶妙の歯ごたえ。

玉ねぎとトマトはあとから加えたために煮汁とはなじみきっていないのがアクセントになっている。

具を7割ほど食べたところでご飯をおかわり。

おかわりはわざわざ違う器で、しかも盛りは少なめという気遣い。

それを鍋に投入し、ついでにテーブルにおいてある辣椒酱も追加。

辣椒酱入れすぎた…

この辣椒酱が、自家製なのかどうかはわからぬものの、えらく辛い。だがうまい。

味覚反射で頭部に汗が出てくる。

入れすぎたーと思いつつも、結局しっかり全部食べつくした。

いろいろ気になるメニューがあるので上野ではしばらくこの店一択になるだろう。

老酒舗
ジャンル:中華料理
アクセス:JR京浜東北線御徒町駅南口 徒歩2分
住所:〒110-0005 東京都台東区上野5-10‐12(地図
周辺のお店のネット予約:
焼肉 一心たん助 上野本店のコース一覧
ステーキダイニング 大地の恵みのコース一覧
鍛冶屋 文蔵 仲御徒町店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 御徒町×中華料理
情報掲載日:2019年3月20日

老酒舗の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク