池袋 萨斐蘭州牛肉麺 葱爆羊肉拌面

池袋の萨斐を再訪。

今回は牛肉麺ではなく拌面が目的。



蘭州拉麺は拌面には合わない気がするよ

でまあ、蘭州拌面というのを頼もうと思ったら、その横に葱爆羊肉拌面というのがあるのに気づいた。

どうせだったら羊が食いたいとこちらに変更。

西安では蘭州牛肉麺をよく食べたが、蘭州拉麺の拌面は食べたことがない。

西安で拌面といえば新疆拌面だった。これは拉条子、つまりウイグル式の麺であるラグマンを使った拌面だ。

東トルキスタンは現在新疆ウイグル自治区として中共が占領中であるが、シルクロードの終着点である西安にはウイグル人が数多くいて、ウイグル料理の店は珍しくなかった。今では都内で出している店もある新疆大盘鸡も、自分が留学中だった1995年ごろにはやりだした。この店でも大盘鸡を出している。

葱爆羊肉と拉麺が別盛りで運ばれてきた。

なのでまずかける。

そしてまぜる。

拌面の拌とは撹拌の拌であるからまぜないことには始まらない。

まずくはない。しかし、ぶっちゃけ蘭州拉麺は拌麺には合わない気がする。拌面としては麺が硬い。

はやり蘭州拉麺は牛肉麺が合っているのではないかと思う。

多分大盘鸡のシメとしても合わないだろう。

萨斐蘭州牛肉麺の場所

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク